生命力に満ちた自然の恵みを多くの人にお届けしたい。

自然の力を信じ、秀明自然農法に取り組んでいます。

以前、ある人からこんなことを言われました。

「田中さんの農法はカバンで言えばGucciだ

(こだわりが大変強く、一般的でない。その方法で成功できる人は一握りという意味)

普通の農家は、収量を上げるために、当たり前のように農薬や肥料を使っている。

自然農法は家庭菜園ならともかく、専業農家として生計を立てていく方法としては、普通の考えではあり得ない。」と。

 

 

私たちの技術や経験の未熟さもあって、野菜が草にまみれてしまったり、病気になってしまったり、収穫量が少なかったり…自然農法での作物作りには苦労も多いです。

 

でも、私たちは自然農法を続けていきます。

その生命力に満ちた作物の美味しさ、力強さに何度も感動させられ、自然の偉大さを感じています。

現代社会で暮らす1人でも多くの方に、生命力に満ちた農産物をお届けすることが私たちの使命と感じ、秀明自然農法にこだわっています。

秀明自然農法とは

秀明自然農法は岡田茂吉氏(1882年~1955年)が提唱した自然栽培法で、落葉や枯草からできた自然堆肥以外の些かの不純物も混ぜることなく、土を清浄化し、土自体の力を発揮させる農法です。「自然がすべてを教えている」と岡田氏が述べているように、この農法の基本理念は自然順応・自然尊重であり、清浄な土、自家採種した種子、生産者の作物への愛情と大地への感謝を大きな特徴としています。 

 キュウリ成育中

稲の苗作り

春野菜準備

秋ナスの収穫


レタスの赤ちゃん

種用のみどりナス

えんどうの種

大根の種取り


春菊の花

オクラの花

里芋の収穫

出荷作業


「無農薬」だから人にも自然にも安心・安全!

『田中自然農苑』では、農薬は一切使いません

害虫の多くは土中の残留肥料に湧くと言われています。

その土地で自然農法を継続していく事で、年数をかけて害虫の被害は減っていきます

農薬は作物の殺虫・殺菌をするだけでなく、土壌に染み込んで微生物を殺し、地下水も汚染し、環境にも人体にも悪影響を与えます。


「無肥料」だから素材本来の味がして美味しい!

『田中自然農苑』では、化学肥料は勿論のこと、有機肥料も一切使いません

「土」が作物を育ててくれます。

健全な土には何十億もの微生物が生息しています。

森には肥料など入れなくても、立派な木々が立ち並び、草木がのびのびと育っています。

本来、土というものは作物を育てるに十分な力を持っています。

田畑に肥料を入れることで、土本来の力は発揮できずだんだん「地力」は弱まってしまうのです。

また、肥料を入れないことで、作物たちは長く深く根を伸ばし、土中の栄養分を吸い上げます。

土に深く根を伸ばすことで、台風などの風水害でも倒れにくくなります。

そして、何より味が違います。素材本来の味。大変美味しいです!


「自家採種」だから力強い野菜が育つ!

『田中自然農苑』では、自家採種で作物を育てています

自家採種とは、育てた作物に実った種を採ること。

作物は同じ土地で何代でも育てられると、次第に土地に合った種に変わって行きます。

自家採種をしていると、気候風土に調和した生命力のあふれる力強い野菜が生まれます

冷蔵庫で保管してても、腐りにくく長持ちします。

現代農法で使われている種は、ほとんどがF1「雑種第1代」で、種会社が開発した新しい品種です。

形が揃って農家の扱いやすい作物ができますが、それは1代限りです。

2代目以降はできた作物の形がバラバラになってしまいます。

その上、購入された種は殺虫・殺菌処理が施されているものもあり「食べてはいけません」という注意書きもあります。

現代農法で農家が種採りをすることはあまりありません。

↓ 実際に自然農法の作物を食べての体験談はこちらをご覧下さい ↓